孤夢走の自転車行脚

孤夢走がひとり気ままに自転車行脚の旅、どんな出会いが待っているか、その足跡をブログにしたためていきます。

雨にも負けず11礼所を回る

5月5日朝から雨の中7時30分出発、街中はお遍路にとっては比較的楽なボーナスステージと言うが?ちょっと安心して出発したものの、第71番礼所弥谷寺(いやたにじ)はアプローチまではやはり坂、寺の入口まで来るとこれより530段の階段の上に本堂があるとの立札、またも登山や❗️ありがとうございます😊

雨の中本堂まで上がりお参り、次は大師堂、確か下の方だ。雨の中勢いよく階段を降るも大師堂が見当たりない。おかしいぞ!と思いつつ1番下まで入りてしまった。しまった!立札を見落とした。仕方なく、また150段登り直しだ!私にとってこの寺は「いやたにじ」ならぬ「イヤダニジ」になってしまった。

今日は一日中雨、唯一のお寺ナビ携帯電話も水が入って、充電不可の表示、使用で電気量はどんどん減っていく、一度この表示が出ると24時間充電不可となるようだ。仕方なく雨の中、アナログの地図で対処するも使い慣れず、おまけに水浸し、困ったものだ。それでも苦労の末、やっと高松市に入る。今日は親戚の甥っ子のマンションに居候、やっと安心し、ぐったりでした。

偶然の出会い

5月4日、加茂川河川敷のキャンプ場を後にして愛媛県最後の第65番礼所三角寺へ向かう、この寺もやはり山の上、自転車をひきづりやっと愛媛県を終了、最後の香川県へ突入、早速、四国八十八ヶ所の中で最も高い所の礼所、雲辺寺、次から次と高い所に私を誘ってくれますが、今回はロープウェイ、これなら大丈夫かと安心しつつもその乗り場までがまた坂です。もう、嫌になっちゃいますよ!^_^

この日は第69番で終了、最後の寺に向かいその途中、若者のお遍路さんに会い、声を掛けると

ランドナーですか」の反応、聞くと自分も自転車に乗っており、旅も好きで全国色々な所に行っているち言う、自転車旅に興味があるようなので私も名刺を渡し、尺八吹きながら日本一周していることを伝え、挨拶し別れたのですが、最後の寺でまた会い、雑談しながら「今日泊まる宿、ここにしたので、同じなら電話して」と伝えると、宿は違えども電話をいただき「一緒にごはんでもどうですか」の誘い、断る理由もなく、今宵は楽しい久しぶりの宴に花が咲きました。内容は多過ぎて書ききれませんが、これがまさしくセレンディピティ「偶然の出会い」会うべくして仕組まれた出会いだったようだ。彼の話では、私の声掛けと名刺で直感的にどうしても会って話がしたくなって電話したと言う、改めて私の名刺と自転車日本一周のキャラはいい出会いを演出してくれます。

これからもよろしくサイトウくん❗️

f:id:comso108:20210507154631j:image

久しぶりの温泉三昧

5月1日2日3日、3日連続で温泉に入れました。

松山市内の喜助の湯、2日目今治市の道の駅今治湯ノ浦温泉、ここでは道の駅でテント泊、3日目は西条市天然温泉武丈の湯、この日、今日は近くに流れる加茂川の無料キャンプ場でテント泊予定、今ブログ書いてますがこの後向かいます。

寺巡礼は1日の松山市内の第52番礼所太山寺から今日の第64番礼所前神寺まで進んできました。今日の60番横峯寺は登山口まで20キロの坂、その後1時間の登山、帰り40分、これで今日のエネルギーを全て使ってしまった。

温泉も入ったことだし後は寝るだけ!

1470キロ走行

5月1日、今日までで走行は1470キロ22日間で1470キロ平平均1日65キロ実際に休養日を抜くと1日平均80キロになる、体力は大分耐えられるようになってはきたが、100キロ越えを続けるとやはり厳しい、もう少し楽に走ろうと思っているのだがコロナで計画が狂ってくる。四国巡礼が終われば少しは良くなるだろう。あとの残り37寺、約400キロぐらいかな?走って見ないとわかりませんね!爺さんがんばれ!自分自身で叱咤激励!

またもや怪物現わる!

4月30日朝から天気も良く休養もしたのでしっかり走れそうだ!内子町から第45番礼所岩屋寺を目指し出発、途中にに大きなリュックで歩くお遍路さんを発見、声を掛けて話をすると

福島県双葉町の住職、年齢は70歳代のようで先の津波で寺は全て無くなり、復興やむなく廃寺となったそうで、縁あって内子町に一時身を寄せたようだ。今は四国巡礼の毎日のようで既に51回周り、今は52回目、年に6回周っているそうだが、1日27キロで50日掛かるとするとほとんど1年間歩いているということになる!怪物じゃ!名刺代わりに金の納経礼をいただいた。

 

f:id:comso108:20210501094917j:image

f:id:comso108:20210501095612j:image

私の納経礼

f:id:comso108:20210501095629j:image

 

お遍路ハウス民宿やまもも最高❗️さらにビックリ‼︎

4月28日(水)は朝から雨、今回はじめての雨の中のライドになった。3日間で240キロ走ったが調子はまずまずだ、雨の中快調に走ったがまたまた道を間違えた、10キロのロス、結局今日の走行は100キロ越え、疲れた。

宿は事前予約しておいた「お遍路ハウスやまもも」、適当にネットで調べたお遍路ハウスなるもの、四国に88ヶ所の礼所に59ヶ所が登録されており、設立趣旨が「グローバルお遍路時代に、外国人と日本の若者にお遍路宿を提供し、お遍路文化を守り育てる心の事業」としNPOが中心となって運営されているようだ。実に良い取り組みだ!宿に着いてビックリここは1軒屋まるまる貸し出しとなっている。宿主の夫婦が10年程前に建てたという平屋で全てコンパクトに造られている。実に素敵だ!

宿主と話をすると「以前歩いて日本一周している方が泊まっていきましたよ」とその方のお礼の手紙を見せてくれました。するとそこになんと私が写っているではありませんか!なんという偶然、、五万とある宿の中で以前会った人と同じ宿に、神も粋な計らいをしてくれるものだ。感謝、感謝!

コメントを読むと愛知県の尺八演奏家が所々で演奏し日本一周中となっている。私とは北海道で2回も会ったとなっている。名は谷藤さんどこで会ったか???気になるがまあいいか!

実はこの日の夜この部屋でミニコンサートしました。出発以来一度も尺八を吹いていませんでしたので、無性に吹きたくなり、宿主に許可を得て、ついでにコンサートしますからと誘い、実現しました。楽しかった!

f:id:comso108:20210430185713j:image
f:id:comso108:20210430185709j:image

f:id:comso108:20210429141000j:image
f:id:comso108:20210429134602j:image
f:id:comso108:20210429134632j:image
f:id:comso108:20210429134635j:image
f:id:comso108:20210429134557j:image

 

 

 

ジョン万次郎資料館見学

昨日はこの近くに泊まる予定でしたので、土佐出身の英雄、中浜万次郎、通称ジョン万次郎を紹介する資料館が近くにあったので行ってきました。ここに来るまでこの様な施設があることすら知らなかったわけですが、皆さんも同様だと思います。豊橋市はオリンピックに合わせて古関裕而とその妻金子の物語をエールとして朝ドラの誘致に成功しましたが、ここ土佐清水市でもジョン万次郎の朝ドラ誘致に頑張っている様です。この人の方が知名度もすでにあり、今更と思いますが、どこも「おらの町には。、この人あり」と少しでもPRし知名度を上げたがっている様ですね。成功すれば当然観光客も増えるし町も潤うし、どこも大変だ!この時の客は私1人、コロナ禍とはいえ大丈夫なのか?

でもいいものを見つけた!私へのエールなのかはたまた?


f:id:comso108:20210428211916j:image
f:id:comso108:20210428211920j:image